去年と同じ様式で36協定を提出すると、返却されてしまう・・・   2020年4月から使用する様式が変わっていますよ 

Pocket

診療所・会社で36協定を毎年同じ時期に提出しているところもあるかと思います。

去年と同じ様式で提出すると、再提出の紙が入っていることがあります。

どこがどう違うのでしょうか・・・

※最近防災グッズを集めている一部

今までの36協定

去年までの36協定の様式で、労働基準監督署に提出していると、提出した36協定と一緒に「再提出してください」という用紙が送られてきます。

今までの36協定は、下記のような様式でした。

時間外労働・休日労働に関する協定届(各事業場単位による届出)

 

 

 

36協定って、具体的にどのように書いたらいいのでしょうか・・・

 

36院長夫人 今更ながらですが、36協定を届け出ていますか? 医療機関は労働整備が整ってないところが多いとか・・・協定については

 

新しい36協定

しかし、2020年4月から下記のような様式に変わっています。

うまく添付できなくて見えにくいと思います。

こちらのリンク先でご確認下さい。

 

なにが大きく違うかと言いますと

様式の表の最下部に

「上記で定める時間数にかかわらず、時間外労働及び休日労働を合算した時間数は、1箇月について100時間未満でなければならず、かつ2箇月から6箇月までを平均して80時間を超過しないこと。☐」

という文章が入っています。

これは、働き方改革によって付け加わった文章だそうです。

ここの□にチェックをして提出しなければなりません。

ですから、この文章がない今までの36協定ではダメなのです。

だから、新しい様式に書き換えて再提出をしてください、と言われてしまいます。

 

今までの36協定で提出して、新しい様式に書き換えるようにと書面が送られます。

 

このような書面です。

このような書面を受け取ったら、新しい様式で書き換えるようにということか・・となります。

一緒に新しい様式の36協定も送られてきます。

 

上記の緑の「スタートアップ労働条件」をクリックすると、新しい様式の36協定をワードで編集できる画面(下記)が出て来ますので、そちらで編集したら言いと思います。

 

また、2020年4月1日以降の36協定についてになりますので、今から提出する方は、すでに新しい様式でないといけませんので、ご注意ください。

 

 

様式のサイトにたどり着けない

新しい36協定の様式を手に入れたいと、ネットで検索すると、厚生労働省のHPにたどり着きます。

しかし、上記の新しい36協定を作成するページになかなかたどりつけません。

「36協定」で検索すると、

様式ダウンロードコーナー

このような画面にたどり着きます。

そして、2019年4月以降の様式はこちらとマーカーで印をしているところに書かれてあります。

そこをクリックすると、新しい36協定の書き方の画面は出てくるのですが、肝心な様式が出てこないので、上記の「スタートアップ労働条件」のリンクをクリックして白紙の様式を確認して下さい。

 

 

【足あと】

スーパーには数週間行ってません。

ネットで買い物をしております。

先週あたりから、希望の日時に配達をしてもらえなくなっています。

やはりスーパーに行かないようにしてりる人が多くなってきているのだな~と感じております。

 

 

 

【昨日のにっこり】

イカ刺し丼を作って食べて、美味しかったこと

天気がよくて気持ちよかったこと

決算の準備が進んでいること